Webサイト構築・Webシステムやスマホに関する情報を発信しています。

CloudFrontに独自ドメインとSSL証明書を設定

CloudFrontに独自ドメインとSSL証明書を設定していきます。

下記の事前準備が完了している必要があります。

  • ・ドメインは取得済。無料ドメインの「Freenom」を利用しても可能。
  • ・【Route 53】にホストゾーンが設定済


ACMでSSL証明書を発行する

ACM (AWS Certificate Manager)で、SSL証明書を発行します。
下記ページを参考に設定してください。



CloudFrontにSSL証明書を設定

CloudFrontに取得済の「SSL/TLS証明書」を設定します。

(1) CloudFrontのディストリビューション一覧

CloudFrontのディストリビューション一覧から詳細画面へ遷移します。
① ID を押下して、詳細画面へ遷移します。

(2) ディストリビューション詳細

① [編集]ボタンを押下します。

(3) 【設定を編集】画面

〔設定〕セクション
① 項目を追加
[項目を追加]ボタンを押下します。

② 代替ドメイン名 (CNAME) - オプション
設定予定のドメインを入力します。
例1:「aaws.cf」
例2:「www.aaws.cf」

③ カスタム SSL証明書 - オプション
設定済のSSL証明書を選択します。
例:「www.aaws.cf (xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx)」

④ [変更を保存]ボタンを押下します。

(4) 設定変更完了

詳細画面の〔設定〕で、「カスタムSSL証明書」が表示されていれば正常に完了しています。



独自ドメインを【Route 53】へ設定する

下記の事前準備が完了している必要があります。
・ドメインは取得済で、【Route 53】にホストゾーンが設定済
 無料ドメインの「Freenom」を利用しても可能。

(1) 【Route 53】一覧画面へ遷移

【Route 53】のホストゾーン画面へ遷移

(2) ホストゾーンの詳細

[レコードを作成]ボタンを押下します。

(3) レコードのクイック作成

「aaws.cf」のドメイン名を作成します。
「aaws.cf」は仮の設定名です。

① レコード名
ここは「aaws.cf」なので、空で良いです。

② レコードタイプ
「A – IPv4 アドレスと一部の AWS リソースにトラフィックをルーティングします。」を選択します。

③ トラフィックのルーティング先
「エイリアス」をONにします。

④ 「CloudFront ディストリビューションへのエイリアス」を選択する。

⑤ 「xxxxxxxxxxxxx.cloudfront.net」を入力または選択します。
選択肢が存在する場合は選択します。
選択肢が出てこない場合は入力します。
※ 選択肢として出てくるのに時間が掛かります。

⑥[レコードを作成]ボタンを押下します。

(4) ホストゾーンの詳細

レコードの作成が正常に完了していれば、一覧に表示されます。
「aaws.cf」のレコード名が作成完了。

(5) ホストゾーンの詳細

「www.aaws.cf」のドメイン名を作成します。

① レコード名
例:「www」を入力します。

② レコードタイプ
「A – IPv4 アドレスと一部の AWS リソースにトラフィックをルーティングします。」を選択します。

③ トラフィックのルーティング先
「エイリアス」をONにします。

④ 「CloudFront ディストリビューションへのエイリアス」を選択する。

⑤ 「xxxxxxxxxxxxx.cloudfront.net」を入力または選択します。
選択肢が存在する場合は選択します。
選択肢が出てこない場合は入力します。
※ 選択肢として出てくるのに時間が掛かります。

⑥[レコードを作成]ボタンを押下します。

(6) ホストゾーンの詳細

レコードの作成が正常に完了していれば、一覧に表示されます。
「www.aaws.cf」のレコード名が作成完了。

(7) 確認

Webブラウザから確認します。
反映に少し時間が掛かります。
表示されれば、これで正常作成完了です。




以上です。



0 件のコメント:

人気記事

ラベル

このブログを検索

Profile

大阪在住、年齢50代のWebプログラマーです。