Webサイト構築・Webシステムやスマホに関する情報を発信しています。

AWS EC2インスタンスのリージョン間コピーの方法

AWS EC2インスタンスのリージョン間コピーの方法


この投稿は、AWS EC2のリージョン変更について書いています。


AWSのリージョンって、どこを利用していますか。

私は、AWSのEC2インスタンスを「オハイオ」から「オレゴン」にリージョン変更しました。


今まであまり気にせずにデフォルトのリージョンを利用してきました。

主に無料利用枠の範囲内で利用させていただくことが多いということもあり、
常時EC2のインスタンスを実行していない ということも要因かもしれません。

ですので、「まぁどこでもいいか」という感じで利用してきました。


デフォルトのリージョンは、特に変更しなければ「オハイオ」になっていると思います。

私も変更せずに利用していましたので、デフォルトリージョンの「オハイオ」を使っていました。


そこで今回、メインで利用するリージョンを見直してみることにしました。


日本向けにサービス提供していれば、レスポンスの早い東京か大阪でいいんでしょう。
が、少し料金が高くなります。

ケチな私としては「少しでも安上がりに」と考えてしまいます。
トレーニングや開発目的ならば、少しでも料金が安い米国がいいと私は感じています。


AWSの中でも最もサービスが多く提供されている「米国西部 (北カリフォルニア)」のリージョンは、障害が多いとの噂があったので変更先のリージョンから外しました。


結局、そこそこ安定しているかなと思われる「オレゴン」にしました。
場所も米国西部で日本から近いということも理由のひとつです。


違うリージョンに変更するかもしれませんが、試してみないことにはメリット・デメリットが分かりませんものね。


ついでに EC2のインスタンスを
オハイオ」から「オレゴン」に移す方法も試してみました。


忘れっぽいので、手順を残すことにします。


それでは、これより
EC2インスタンスのリージョン変更をしていきます。


リージョン間のコピーには転送量が課金されますので注意すること。

無料枠内に抑える場合は転送量を確認しておくこと。


※ ここでは図解入りで説明していませんので、ご容赦ください。


リージョンは、「オハイオ」から「オレゴン」へのインスタンスをコピーする前提です。
違うリージョンの場合は、読み替えが必要です。


EC2 マネジメントコンソール

【EC2 マネジメントコンソール】にアクセスして、ログインします。


「オハイオ」のリージョン

オハイオのリージョンになっていることを確認する。


 コピー元 のインスタンス作成

※ コピー元のインスタンスがある場合はスルーしてください。


まずは、コピー元となるEC2インスタンスが必要です。
インスタンスが存在しない場合は作成します。

※ ここでは作成方法は説明いたしません。


インスタンスの状態ですが実行状態でもコピー可能のようです。
しかし、停止しておいた方が無難かと思います。


AMIの作成

既存のEC2インスタンスのAMIを作成していきます。

【イメージを作成】画面へ移動

  1. [サービス▼]画面を開く
    [サービス▼] → [EC2]をクリックします。

  2. EC2 インスタンスの画面に移動する
    左のナビゲーションペインで[インスタンス]をクリックします。
    EC2 インスタンスの画面が開くはずです。

    ※ コピー元リージョン「オハイオ」になっていない場合は「オハイオ」に変更する。

  3. 【イメージを作成】画面に移動する
    ・コピーするインスタンスにチェックを入れる。
    ・[アクション ▼] > [イメージとテンプレート] > [イメージを作成]を押下します。

イメージ作成画面へ移動しているはずです。

イメージを作成

イメージ作成画面が開いているはずなので、下記を進めます。

・【イメージ名】を入力します。

 例:[ami-20211017


・【イメージの説明 - オプション】を入力します。

 例:[ami-2021101


・【再起動しない】の有効化にはチェックしない


イメージを作成]ボタンを押下します。


AMI作成確認

AMIが作成されていることを確認します。

左サイドメニューの 【イメージ】 > 【AMI】 を押下します。


AMIのコピー

AMIの作成が完了していることを確認後、リージョン間コピーを行います。


・AMI のチェックボックスを入れます。

・[アクション ▼] > [AMIのコピー]を押下します。


AMIのコピー モーダル画面

モーダル画面が表示されます。

〔AMIのコピー〕

・【送信先リージョン】:

  例:[US West (Oregon)]を選択します。


・【名前】:

  例:[ami-20211017]など初期値のままで良い


・【説明】:

  例:初期値のままで良い


AMIのコピー]ボタンを押下します。


 これで、「オレゴン」に作成した AMIがコピーされているはずです。


 コピー先のインスタンス 作成

リージョン変更

リージョンを「オレゴン」に切り替えます。

インスタンス作成

コピー先(リージョン移動先)のAMIからEC2インスタンスを実行します。


SSHキーペアを先に作成している方がよいかもしれません。

私は、キーペアを保存しているので、「オレゴン」リージョンにインポートしました。

キーペアの作成は、[ネットワーク & セキュリティ] > [キーペア


それでは下記、インスタンスの作成を進めます。

  1. リージョンを「オレゴン」に切り替えます。
  2. 左サイドメニューの 【イメージ】 > 【AMI】 を押下します。
  3. リージョンのコピー元から転送されたAMIを選択します。
  4. アクション] > [起動]を押下します。


後は、インスタンスの作成を進めれば、インスタンスが作成され、実行されます。


以上、AWS EC2インスタンスのリージョン間コピーの方法でした。



0 件のコメント:

人気記事

ラベル

このブログを検索

Profile

大阪在住、年齢50代のWebプログラマーです。