Webサイト構築・Webシステムやスマホに関する情報を発信しています。

HTTP Headerを追加・書換してリクエスト可能なブラウザ拡張「Modify Headers」



現在インストールしているPHPのバージョンで、
脆弱性を調査する必要がありました。

HTTPにヘッダー情報を追加しなければならなかったのですが
その時に試してみたWebブラウザのアドオン(拡張機能)が便利だったので
紹介と同時に記録として残しておくことにします。

使ってみたのは、「Modify Headers」というWebブラウザのアドオン(拡張機能)です。

Google Chromeのアドオンが公開されています。
Firefoxは同じ作者ではありませんが、似たようなアドオンがありました。

Modify Headers for Google Chrome
https://chrome.google.com/webstore/detail/modify-headers-for-google/innpjfdalfhpcoinfnehdnbkglpmogdi

Google Chrome にインストールしたので、説明していきます。

インストールしたらアドオンの画面を開きます。

試しに 「User-Agent」を設定してみます。
下記の画像のように設定します。

(1) Google Chrome を起動させます。

(2) ヘッダー情報を追加
「Modify Headers」に下記のようにヘッダー情報を追加します。



(2) 【F12】ボタンを押し、デベロッパーツールを出します。

(3) Google のWebサイトを開きます。
https://www.google.co.jp/

(4) ネットワークを確認
Google Chrome のデベロッパーツールでネットワークのリクエストヘッダーを確認します。



設定した「USER-AGENT」の値が表示されていればOKです。

Googleでなくても自身のページにアクセスしてOKです。
確認方法も同様ですが、参考までにPHPのページにアクセスした場合
自作のリスポンス情報を表示させるには
下記のコードをアクセスするPHPファイルに挿入してみてください。

全てのヘッダー情報を表示するPHPコード

<?php
echo "<pre>\n";
print_r(getallheaders(), false);
echo "</pre>\n";


ヘッダー情報が全て表示されると思います。


Firefox の場合は、「simple-modify-headers」という「Modify Headers」と似たアドオンがありました。

simple-modify-headers
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/simple-modify-header/


以上、HTTPヘッダーに追加・書き換えする方法でした。





0 件のコメント:

人気記事

Profile

大阪在住のWebプログラマーです。
40歳後半までプログラマーとして働いていたのですが途中で鬱に近い状態になり、直近で1年程、引きこもりに・・・
生活が苦しくなり、老人ホームで介護士として働くも途中で挫折。
50歳を過ぎて、またプログラマーとして働き始めました。

ラベル

ページ

このブログを検索