Webサイト構築・Webシステムやスマホに関する情報を発信しています。

Google Bloggerr(ブロガー) 新しい管理画面の切替機能が追加

最近、ブログの更新ができていませんでした。

久々に「Google Bloggerr(ブロガー)」の管理画面にログインして更新したのですが
更新が終わった後に、ブログの機能を確認していたら

なんと、新しい機能が追加されていました。

Google Bloggerr(ブロガー) の管理画面に新しい機能が追加されていました。

正確には、「新しい管理画面」と「現行の管理画面」の切替が可能になっていました。

まだ、ベータ版なのかどうかも分かっていません。
ひょっとすると、新しく Bloggerr(ブロガー) を作成した方は
デフォルトで、新しい管理画面になっているのかもしれません?

つい、うれしくなり、早速、試してみました。

といっても、あまり詳しく確認する余裕がないので
スクリーンショットを掲載して、ちょこっとだけ感想を記載することにします。

下記が、Bloggerr(ブロガー)の新しい管理画面のスクリーンショットです。





左下に 新しい Blogger を試す というリンクが追加されています。


このリンクをクリックして、切り替えてみると、
下記のような 新しい管理画面に切り替わります。

いつでも元のBloggerr(ブロガー)管理画面に戻せるようになっていますので
安心して、切り替えてください。





複数のブログを管理している場合は、全て新しい管理画面での操作になります。

レスポンシブ対応になっています。

スマホからアクセスした場合は、もちろん、スマホ用に対応した画面になります。

下記が、スマホからのブログ投稿画面です。





この Gooble blogger(ブロガー) の新しい管理画面ですが
まだ、あまり操作できていません。

少し操作した感想ですか、現行の管理画面よりは良くなった印象を持ちました。

今までは、レスポンシブに対応していなかった為、使いにいく部分はありました。
私は、スマホから管理画面にログインして投稿したことがありませんが
これなら、少しずつスマホからの投稿を試しても良いかなと思っています。

とはいえ、少しボリュームのある内容を投稿しようと思えば
スマホでは入力に時間が掛かるので、やはり、PCからが多くなるとは思います。

日本では、あまり人気のない Google Bloggerr(ブロガー) ですが
私は、メインで使用しています

WordPress も使ったことがあります。

なぜ WordPress を使わないかというと
運用面で、バージョンアップなどの管理が大変だなと感じたからです。

Google Blogger(ブロガー) では、
そのような自身でバージョンアップに対応する手間がないんですよね。

WordPress が悪いとは思っていません。
いまだ、放置状態で更新していない WordPress を私は所有しています。

マイナーバージョンは、自動でアップデートしてくれていますが
メジャーバージョンとなると、データをバックアップして、手作業する必要があります。

画像もサーバー内にたくさん溜まってきますから
容量が多いと、バックアップもそれなりに時間がかかりますよね。

Google Blogger(ブロガー) の場合は、Googleフォト に格納しています。

バージョンアップが正常にできなかった場合のことを考えると
Google Blogger(ブロガー) のほうが、私は楽なんですよね。

システムは、Googleさんが管理してくれていますし・・・
障害が発生したとしても Googleさんが対応してくれますしね。

SEO的には、WordPress(ワードプレス)の方が有利な場合もあるかもしれません
が、まぁそこは仕方がないですね。

ひっょとして、サイトの構造さえ工夫すれば、
Google Blogger(ブロガー) のほうがSEOに有利になる可能性もあるかもしれません。

Google が このような新しい機能を出してきたということは
サービスを廃止する予定はないように感じています。

私が作った Blogger(ブロガー) のテーマがあるのですが
現在、中途半端な状態で開発が止まっています。

少しずつ、開発を進めていきたいですね。



以上
Google Bloggerr(ブロガー) の新しい管理画面について でした。



0 件のコメント:

人気記事

Profile

大阪在住のWebプログラマーです。
40歳後半までプログラマーとして働いていたのですが途中で鬱に近い状態になり、直近で1年程、引きこもりに・・・
生活が苦しくなり、老人ホームで介護士として働くも途中で挫折。
50歳を過ぎて、またプログラマーとして働き始めました。

ラベル

ページ

このブログを検索