Webサイト構築・Webシステムやスマホに関する情報を発信しています。

【AWS Certificate Manager】でSSL/TLS証明書を発行

CloudFrontで利用するための「SSL/TLS証明書」を発行・取得します。

※ リージョンはバージニア北部で作成する必要があります。

バージニア北部で作成しないと不都合が出てくるケースが多いと思います。


手順のスクリーンショットは、この記事の下に掲載しています。


【AWS Certificate Manager】の画面へ遷移します。


(1) 【証明書をリクエスト】

① 左ナビゲーションペインで、①[証明書をリクエスト]を押下します。
 【証明書をリクエスト】画面へ遷移します。

② リージョンを〔バージニア北部〕にします。


【証明書をリクエスト】
【証明書タイプ】のセクション

「パブリック証明書をリクエスト」を選択します。

④ [次へ]ボタンを押下します。


(2) パブリック証明書をリクエスト

【パブリック証明書をリクエスト】の画面

【ドメイン名】のセクション

① 完全修飾ドメイン名
例:[www.aaws.cf]

② [この証明書に別の名前を追加]ボタンを押下

③ 追加の名前を入力します。
[aaws.cf]を入力
[*.aaws.cf]を入力

【検証方法を選択】のセクション
④ 「DNS 検証 - 推奨」を選択

⑤ [リクエスト]ボタンを押下します。


(3) 証明書

画面一覧に【証明書ID】が表示されていることを確認する。

・証明書ID 「a60c1b10-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx」を押下する


(4) 証明書のステータス

① [Route 53 でレコードを作成]ボタンを押下します。


(5) DNS レコードを作成

【Amazon Route 53】で DNS レコードを作成します。

全てのドメインにチェックが入っていることを確認して
① [レコードを作成]ボタンを押下します。


(6) DNSレコードが作成完了

「DNSレコードが正常に作成されました」と表示されれば完了です。


(7) ステータス確認

ステータスが「成功」になるまで、しばらく待ちます。

ステータスが「保留中の検証」から「成功」に変わるはずです。
ドメインのステータスが「成功」に変われば完了です。



以上です。



0 件のコメント:

人気記事

ラベル

このブログを検索

Profile

大阪在住、年齢50代のWebプログラマーです。