Webサイト構築・Webシステムやスマホに関する情報を発信しています。

AWS Amazon Route 53 初めてのパブリックホストゾーン作成

はじめに

「Amazon  Route 53」で、ホストゾーンの登録手順を説明しています。

このページは、自身の備忘録も兼ねています。


Amazon  Route 53 とは

Amazon  Route 53 は、Amazon AWSのDNS(ドメインネームサービス)です。
AWS Route 53 で管理しているドメインを登録・変更・削除することができます。

Amazon Route 53ではドメイン購入も可能です。
また、外部のドメインレジストラを利用することも可能です。


詳しくは下記公式ページを確認ください。
Amazon Route 53 とは?

Amazon Route 53」は、無料利用枠の対象ではありません
※ 利用すると課金される場合があります。利用する場合は注意してください。

課金されないようにするには、下記の条件に従う必要があります。
「テストができるように、12 時間以内に削除されたホストゾーンについては無料となっていますが、そのホストゾーンでのクエリには以下の料金が適用されます。
1 万件を超えるレコードを含むホストゾーンには追加料金がかかります。」



AWS マネジメントコンソール

AWS マネジメントコンソールにログイン

  1. AWS マネジメントコンソールにログインします。
  2. ログイン後、[▼すべてのサービス]を押下します。



  1. 〔ネットワーキングとコンテンツ配信〕下の[Route 53]を押下します。




Route53 Console の画面を開く

Route 53 の登録がまだの場合は、下記画面が表示されるはずです。

  1. 【ホストゾーン】画面へ移動
    [開始する]ボタンを押下します。


ホストゾーン

  1. ホストゾーン画面へ移動
    左のナビゲーションペインの ①「ホストゾーン」を押下します。

  2. ホストゾーンの作成画面へ移動
    ②[ホストゾーンの作成]ボタンを押下します。




ホストゾーンの作成

ホストゾーンを作成していきます。

【ホストゾーン設定】のセクション
  1. 〔ドメイン名〕を入力します。
    例:①〔ドメイン名〕: example.com

  2. 〔説明 - オプション〕を入力します。
    例:〔説明 - オプション〕: 未入力でもOKです。

  3. 〔タイプ〕を選択します。
    例:〔タイプ〕: パブリックホストゾーン

【タグ】のセクション
タグは、未入力でもOKです。

ホストゾーンの作成]ボタンを押下します。



ホストゾーンの詳細

作成が完了し、ホストゾーンの詳細画面に遷移します。
タイプが「NS」の値をドメインレジストラのネームサーバに登録します。

  ns-94.awsdns-11.com.
  ns-1977.awsdns-55.co.uk.
  ns-1498.awsdns-59.org.
  ns-938.awsdns-53.net.
  



ここでは、ドメインレジストラの設定は説明していません。

設定方法が各レジストラで違う為です。


これで、「Amazon Route 53」の設定方法を終了します。



あとがき

ドメインレジストラの登録ですが、無料ドメインもあります。

私もよく利用している無料ドメインの Freenom です。

ただし、この「Freenom」、確かに無料でドメイン登録できるのですが注意が必要です。
途中で有料に切り替わって、続けて使いたいなら「金払え」というやり方をしているサービスです。

動作確認程度に利用することをおすすめします。


以上です。



0 件のコメント:

人気記事

ラベル

このブログを検索

Profile

大阪在住、年齢50代のWebプログラマーです。