Webサイト構築・Webシステムやスマホに関する情報を発信しています。

CloudFront経由でS3の静的ウェブサイトを公開

 CloudFrontは、CDNと呼ばれれてるサービスになります。

【Amazon S3】バケットへ直接アクセスせずに、CloudFront経由でS3にアクセスして、静的ウェブサイトを公開するように設定します。


(1) 【CloudFront】 【ディストリビューション】に遷移

【CloudFront】 の【ディストリビューション】に遷移する

[ディストリビューションを作成]ボタンを押下します。


(2) ディストリビューションを作成

【ディストリビューションを作成】画面

〔オリジン〕

① オリジンドメイン
S3でバケット作成した場合はS3のURLになります。
実際には、選択値が出てくるので、選択することになります。

例:「aaws.cf.s3.us-west-2.amazonaws.com」


② オリジンパス - オプション
未入力でOKです。
設定する場合は任意でパスを入力します。


③ 名前
オリジンドメインと同じ名前でOK

例:「aaws.cf.s3.us-west-2.amazonaws.com」


④ S3 バケットアクセス
下記の選択で良いと思います。

「はい、OAI を使用します (バケットは CloudFront のみへのアクセスとなるように制限できます)」

※ CloudFront専用にしない場合は「OAIを使用しません」で良いです。

 ⑤ オリジンアクセスアイデンティティ
  下記を選択します。

  「access-identity-aaws.cf.s3.us-west-2.amazonaws.com」

 ⑥ バケットポリシー
  下記を選択します。

  「はい、バケットポリシーを自動で更新します」


※ 「はい、バケットポリシーを自動で更新します」にすると
  S3のパケットポリシーに自動的に許可情報を追加してくれます。

  編集の度に追加されるので、自動更新は初回のみでよい。


⑦ オリジンシールドを有効にする
「いいえ」 (デフォルト値)を選択します。

〔デフォルトのキャッシュビヘイビア〕

⑧ パスパターン
「デフォルト (*)」 (デフォルト値)

⑨ オブジェクトを自動的に圧縮
「Yes」 (デフォルト値)

〈ビューワー〉
➉ ビューワープロトコルポリシー

「Redirect HTTP to HTTPS」を選択します。

⑪ 許可された HTTP メソッド
「GET, HEAD」を選択します。

⑫ ビューワーのアクセスを制限する
「No」を選択します。

〈キャッシュキーとオリジンリクエスト〉
⑬ 下記をを選択します。

「Cache policy and origin request policy (recommended)」


〔関数の関連付け - オプション〕
変更不要だと思います。


〔設定〕

⑭ 料金クラス
「すべてのエッジロケーションを使用する (最高のパフォーマンス)」を選択します。

※ お好みで、「北米と欧州のみを使用」でもOKかと思います。


⑮ デフォルトルートオブジェクト - オプション
・[ディストリビューションを作成]ボタンを押下します。

ほとんどの場合、下記値で良いと思います。

例:「index.html」

⑯ [ディストリビューションを作成]ボタンを押下します。


(3) ディストリビューション作成完了

下記が表示されれば、完了です。

〔新しいディストリビューションが正常に作成されました。〕


(4) ディストリビューションドメインにアクセス

【ディストリビューションドメイン名】に表示されているドメインに

Webブラウザからアクセスします。


表示されれば、正常です。



以上です。



 

0 件のコメント:

人気記事

ラベル

このブログを検索

Profile

大阪在住、年齢50代のWebプログラマーです。