LINE(ライン)の不具合でViber(バイバー)を試す!安全性は?

先日、家族の一員が使用しているスマホ 『Xperia XZ Premium』で、LINE(ライン)が使えなくなる症状が発生したということを過去の記事に書きました。

KakaoTalk(カカオトーク)!LINEの不具合で代用してみた

LINE(ライン)の代用としてKakaoTalk(カカオトーク)をインストールして、試してみたのですが、スタンプがイマイチなんですよね。

試しついでなので、KakaoTalk(カカオトーク)以外のメッセージアプリも試してみることにしました。

人気とシェアが高いのを探した結果、Viber(バイバー)にしてみようと。

他にもいくつかありそうなのですが、時間の関係で、そんなにたくさんのアプリを試すこともできず・・・

それなりにシェアが高いアプリが無難かと思い、LINE(ライン)と遜色なく使えそうなアプリということで選びました。

LINE(ライン)と比較して、Viber(バイバー)のここが気に入らないという箇所があります。

それは、ステッカーの送信なんです。
ステッカーとは、LINE(ライン)のスタンプにあたる機能です。
このステッカーが、LINE(ライン)だと一旦、送信前に確認の表示がでるのですが、viber(バイバー)では即時に送信されるんですよね。

今回、インストールの手順を残しておきますので、インストールが必要になった方の参考になればと思います。

※ ここでは、iOS 環境(iPhone)でのインストール手順をお伝えします。

Viber(バイバー)とは

Viber(バイバー)についての特徴を説明します。

    • 無料通話&メッセージアプリ
    • Viberアプリユーザー同士の通話は0円

主な機能は、LINEと似たように感じですが、他のメッセージアプリにない大きな特徴は、
メッセージの送信で、楽天ポイントが付与される点でしょう。

あと、楽天グループなので、お買いものパンダのステッカーが充実しています。

付与されるポイントについては、制限がありますので、たくさんは貯まらないですが、家族間で使っていると自然と少しずつ貯まっていくというくらいでしょうか。

通話の品質は、LINE(ライン)よりも良いように感じました。

OSは、iPhone・Android・Windows・Mac にインストール可能になっています。

Viber(バイバー)の安全性は?

LINE(ライン)でも同様のことなのかも知れませんが、アドレス帳の情報をサーバに送信して、保管するようなので、連絡先の漏洩が心配な方は控えた方がよいのかもしれません。

私の場合、スマホのアドレス帳には、ほとんど連絡先を登録していないんですよね。

連絡先は、ほとんど、ガラケーに登録しています。

ですので、検証はしていませんが、家族のスマホにもViber(バイバー)をインストールして、メッセージを送信しあっていますが、特に問題はないように感じています。

Viber(バイバー)のインストール

iPhoneに、Viber(バイバー)をインストールした手順を別ページで解説していきます。

Vviber(バイバー)をiPhoneにインストール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする